略歴

東京に生まれる。12歳の時、父親の仕事の都合で家族と共にニューヨーク州ロングアイランドに移り住む。アメリカになじめず、ハイスクール時代を通じて、昭和二年発行の改造社版の「日本現代文学全集」を読んで過ごす。ハイスクールを卒業したあとは、英語と直面するのを避け、まずはボストンで美術を学ぶ。次にパリでフランス語を学び、最終的にはアメリカのイェール大学と大学院で仏文学を学ぶ。博士課程を修了したあと、日本に一度戻るが、また渡米して大学で日本近代文学を教える。今は、基本的に東京で小説やエッセイを書いている。

最初に発表した小説、『續明暗』(1990年)は、夏目漱石の遺作で未完の作でもある『明暗』(1917年)を、漱石独特の文体と表記法を使って完成させた。芸術選奨新人賞を受賞した。

第二作の、『私小説 from left to right』(1995年)では、日本語に英語を交ぜた文体を用いて、自伝風にアメリカでの生活を描いた。野間文芸新人賞を受賞した。

第三作、『本格小説』(2002年)は、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』を、中国の少数民族の血が半分混ざったヒースクリフを登場させながら、日本の近代史を描いた。読売文学賞を受賞した。

『日本語が亡びるとき—英語の世紀の中で』(2008年)という長い評論では、西洋に触れた日本の衝撃から近代文学の誕生までの歴史を振り返り、そのとき国語になった日本語の高みが、現在の英語の制覇によって、いかに崩れ去る危険に晒されているかが語られている。小林秀雄賞を受賞した。

『日本語で読むということ 』(2009年)と『日本語で書くということ』(2009年)の二冊は、過去にわたって書かれたエッセイや随筆を集めたものである。『日本語が亡びるとき—英語の世紀の中で』の執筆に至るまでの経緯を辿ることができる。

最近作『母の遺産−新聞小説』(2012年)は、読売新聞で毎週土曜日に連載した新聞小説に、加筆修正をほどこしたものである。母の介護に追われ、離婚を考える五十代の女性を描いた。大佛次郎賞を受賞した。

文化庁「現代日本文学の翻訳・普及事業」作家紹介(Japanese Literature Publishing Project, JLPP)

  1. 恵泉女学園中学校
  2. グレート・ネック・ノース中学校・高校卒業 ニューヨーク州グレート・ネック
  3. ボストン美術館附属美術学校 ボストン
  4. ラ・ソルボンヌ  パリ大学 パリ
  5. イェール大学卒業 仏文学専攻 summa cum laude Phi Beta Kappa Honors in French
  6. イェール大学大学院 仏文科修士・博士課程修了 Marguerite A. Peyre Award
  1. 1987−1991年 プリンストン大学講師
  2. 1991年 ミシガン大学客員助教授
  3. 1998年 スタンフォード大学客員教授

招聘歴

  1. 1989年 コーネル大学にて講演
  2. 1998年 ミシガン大学にて日本文学中西部学会講演
  3. 1998年 日本中国文化交流協会代表団の団員として訪中
  4. 1999年 パリ メゾン・ド・ジャポンにて講演
  5. 2003年 アイオワ大学国際創作プログラム招聘作家
  6. 2005年 アメリカPEN国際文学祭招聘小説家
  7. 2007年 プリンストン大学にて日本文学学会基調講演
  8. 2007年 イェール大学にて講演
  9. 2007年 コロンビア大学ドナルド・キーン日本文化センターにて講演
  10. 2009年 プロバンス大学文学祭招聘小説家
  11. 2011年 FILBAブエノスアイレス文学祭招聘小説家
  12. 2013年 ベルリン自由大学招聘小説家

受賞歴

  1. 1990年 芸術選奨新人賞 『續 明暗』
  2. 1995年 野間文芸新人賞 『私小説 from left to right』
  3. 2003年 読売文学賞 『本格小説』
  4. 2009年 小林秀雄賞 『日本語が亡びるとき—英語の世紀の中で』
  5. 2012年 大佛次郎賞 『母の遺産ー新聞小説』